2009年02月14日

リプレイ本紹介・・・「鳴神の巫女」

FEAR社の異能使いというTRPGのリプレイです。

「鳴神の巫女」「漆黒の顎」の2本のショートリプレイが収録されています。

プレイヤーは、大畑顕、小浜智、田中信二、遠藤卓司、李重Yといったお馴染みの面々。李重Y氏(ヨビ)は、セブン=フォートレスシリーズでも一度プレイヤーを務めている韓国の方ですが、最近は登場してませんね。

異能使いというのは、現代を舞台にした和風伝奇物で、FEAR社のオーソドックスなスタイルのTRPGです。さほど人気が出なかったのか、公式に出版されているリプレイはこの1冊だけです。

内容は、閉ざされた山奥の村を舞台に繰り広げられる陰謀を解き明かすといったものです。

ヨビさんのキャラがいい意味でも悪い意味でも目だっているのが特徴ですね。行動パターンが「あの人」とそっくりすぎるのも、最近登場しない理由のひとつかもしれませんね。
posted by THOMAS at 22:51| TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。