2009年02月05日

リプレイ本紹介・・・「タイタンふたたび」

アドバンスド・ファイティング・ファンタジーRPGの、おそらく唯一の公式リプレイです。
アドバンスド・ファイティング・ファンタジーRPGとは、今は無き社会思想社から出版されていたTRPGで、有名ゲームブックシリーズである「ファイティング・ファンタジー」の世界を使用しています。
ルールもゲームブックのルールを流用しており、極めて簡素なものです。

で、このリプレイは、6人の冒険者が、「バルサスの要塞」、「盗賊都市」、「運命の森」を舞台に冒険を繰り広げる話です。

が、舞台がゲームブックまんまのため、やったことのある人には先の展開モロバレですし、知らない人にとってはさっぱりワケがわからないという、失敗作です。

イラストも正直適当な感じで、あまり好感が持てないですね。

出版社が倒産したこともあり、完全な企画倒れに終わってしまった一冊です。
posted by THOMAS at 22:31| TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。