2009年01月26日

殺意の階層 その1

殺意の階層
FC HAL研究所 1988
satsui-title.png


 今回からプレイするのは、アドベンチャーゲーム「殺意の階層」。

 ずいぶんとマイナーだけど、なんでこれ選んだの?

 マイナーだけど良作だって聞いたから。





〜スタート〜

 これ、Bボタンが決定なんだ。間違いやすいわね。


”もしもし かしはたですが・・・”

”かしはたくん、わしだ。
なかむらだよ。”

”あ、けいぶ、おひさしぶりです。
おげんきでしたか?”

”それどころじゃない。
きみは にしかわ まさと と
いうおとこをしっているな?”

”はい、だいがくじだいのゆうじん
ですが・・・”

”そのおとこが じょうがさきで
てんらくしをしたんだ!!”

”ええっ!!なんですって!!
けいぶ、まっていてください。
すぐいきます!”

かくして じけんは まくをあけた・・・




 主人公の友人が崖から転落死して、知り合いの警部に呼ばれるところから始まるんだね。


satsui-jougasaki.png


 まずは死体を確認しないと。


satsui-gakeshita.png


 死因は間違いなく転落死。死亡推定時刻は10月2日の午前0時から2時の間だって。

 背広の背中に何か付いてるわね。それから手帳に書かれた短歌・・・。どういう意味かしら。


:”ねがわくば きくのもとにて あきしなむ
        そのながつきの もちづきのころ”



 崖の上に残されたカバンの中から、フロッピーディスクを見つけたよ。解読できないけど、何が入ってるんだろう。





 被害者の勤める会社の社長が来たわ。


はじめまして。わたくし パワー
ソフトの しゃちょうをしており
ます とみの と もうします。


にしかわくんは、うんてんめんきょ
をもっていません。そのじかんにひ
とりでこんなところまで こられる
はずはないんです!
それに、おはずかしいはなしですが
かれは うちのしゃないで うらみ
をかっていたふしもあるんです・・・
かれの し に なにがあったのか
しらべていただけませんか!?おね
がいします!



to be continued...
posted by THOMAS at 22:56| ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。