2008年12月01日

リプレイ本紹介・・・「賭けろ!世紀の大勝負」

ソードワールドリプレイ・へっぽこーずシリーズの第6巻です。

第15話 「新米の使いやあらへんで」
「青い小鳩亭」の主人ガーディより、山村レイカへの荷物の輸送と、以前同じ依頼で行方不明となってしまった冒険者の捜索を依頼されたヒースたち。秋深い山道をのんびりと進むが、途中の村で行方不明となっていた冒険者のひとりと出会い、遭難の原因がワイバーンであることを知る。そして、いよいよレイカ村に到着しようというとき、突如ワイバーンの襲撃を受ける!

イリーナ大活躍。熊とがっぷり四つに組み、ワイバーンを一撃で真っ二つ。


第16話 「老魔法使いの大切なこと」
無事レイカ村にたどり着いた一行。そこに保護されていた記憶喪失の蛮族の青年と出会う。イリーナをも圧倒するその力から、「スゲーナ」と名づけられたその青年と行動をともにするが、そんな折、どこからともなく蛇が出現するという事件が発生。それを調べるうち、以前この村に住んでいた魔術師アドレーに何らかの原因があることを突き止める。しかし、それはアドレーに心酔していた少年ケネスの反感を買い・・・

見所はヒースによるマウナへのキツイ突っ込み。4巻で張られていた伏線が回収されます。


第17話 「ヤスガルン迷宮案内」
イリーナたちと行動を共にするうち、次第に記憶を取り戻していくスゲーナ。そして、ついに彼は自分がヤムヤルという名のドラゴンプリーストであることを思い出す。ヤムヤルはイリーナたちに記憶を取り戻させてくれた礼をしたいと言うが、それには「戦って勝ち取れ」という条件付だった。

ドラゴンプリースト&ワイバーンとの決戦。バスががんばってました。

posted by THOMAS at 02:15| TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。