2008年11月01日

リプレイ本紹介・・・「天に月、地に剣」

アリアンロッド・サガ・リプレイの第2シリーズ「アクロス」の第1巻です。

プレイヤー・キャラクター紹介

ユンガー(矢薙直樹)
エルダナーンのシーフ/レンジャー。美形なのに無精髭で眼鏡という、かなり「狙った」キャラ。パーティのリーダー。
エルザ・ブルックス(吉村清子)
メルトランド王国の武器商の娘でメイジ。「三銃士」のようなバカでかい帽子が特徴。「戦乱のプリンセス」に登場したアルの姉。
ツヴァイ(きくちたけし)
ウォーリア/ガンスリンガーの熱血少年。ヒューリンだが背中に翼を持つ。貴族嫌い。
ダイン(遠藤卓司)
エクスマキナのアコライト/アルケミスト。見た目は「鋼の錬金術師」の弟そのもの。空気を読まずに正論を吐き、ツヴァイと衝突することもしばしば。

吉村さんは脚本家で、アニメ「ナイトウィザード」の脚本を担当された縁で初参加。矢薙さんは「ナイトウィザード」シリーズには多数出演しているものの、アリアンロッドのリプレイへの参加は初。しかし二人とも初めてとは思えないほど溶け込んでます。吉村さん演じるエルザは商売人らしいしたたかさでGMの仕組んだトラブルを回避、矢薙さん演じるユンガーも、小隊長としての風格を漂わせながらもサイコロの出目でおいしいところを攫っていきます。

今回の舞台は「戦乱のプリンセス」の5年前が舞台ということで、今後の展開が楽しみです。他のシリーズとのかかわりがどのようなものになるのかに非常に興味があります。

最大の見所は、第2話のラストバトル。アリアンロッドリプレイでは初、他のリプレイでもめったにおきないことがプレイヤーたちに降りかかります。

posted by THOMAS at 22:55| TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。