2008年10月15日

リプレイ本紹介・・・「狙え!魅惑の大出世」

ソードワールドリプレイ・へっぽこーずシリーズの第4巻。

第10話「冒険だよお婆ちゃん」
ノリスの祖母メリーヌ登場。そしてここぞとばかりにいじられるノリス。シナリオそのものはごくごくありきたりな、中休みといった感じです。

第11話「はぐれ神官人情派」
神殿からの依頼を受けたガルガドが、仕事をしなくなった鍛冶屋ブルスを何とかするためにグードンへと赴きます。グードンでは細工物のコンテストが開かれていたのですが、それを狙った集団の起こした事件に巻き込まれ…
見所はヒースのぶっ放した“ライトニング”の行方と、イリーナが買った筋力24の棍棒(通称:電信柱)の使い方。

第12話「亡霊騎士は二度ドアを叩く」
グードンでの以来を解決し、ファンに戻ってきた一行でしたが、「青い小鳩亭」は何故か閉まったまま。マスター夫妻も行方不明となっていました。驚いたマウナは、夫妻の甥っ子であるクラウスとともに、行方の捜索に乗り出します。
タイトルの通り、強敵「デュラハン」との対決。そして初の不幸がパーティを襲います。

posted by THOMAS at 23:57| TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。