2008年09月23日

リプレイ本紹介・・・「進め!未来の大英雄」

ソードワールドRPGの大人気リプレイ、「へっぽこーず」シリーズの第1巻です。

プレイヤー・キャラクター紹介


人間・男・18歳 ソーサラー/レンジャー
尊大かつ卑屈。いじられキャラ。


人間・女・16歳 プリースト(ファリス)/ファイター
筋力が人間最大値の24を誇る怪力娘。ちなみに知力は10。


ハーフエルフ・女・20歳 シャーマン/レンジャー
せせこましい性格のハーフエルフ。普段はウェイトレス。


人間・男・15歳 シーフ/シャーマン
能天気なトラブルメイカー。


ドワーフ・男・36歳 プリースト(マイリー)/ファイター
パーティの実質的リーダー。ノリスとの掛け合いは傑作。

第1話
極々単純なコボルド退治という、ありきたりな依頼であるにもかかわらず、大苦戦した挙句に冒険の失敗という、波乱に満ちた幕開けのシリーズ。GMの秋田みやび嬢も、この時点ではまだまだ初心者なのが読み取れます。この話でコボルドの生態が確定したのは有名。

第2話
ゲテモノ料理屋フランツさん登場。そしてまたも1レベルモンスターに散々に翻弄される結果に。まあこれはかなりの不運な出目の結果でもありますが。

第3話
とある屋敷にとりついた狂ったブラウニーを鎮める話。ノリスの役立たずぶりが異常。その能天気な言動には怒りすら覚えます。プレイヤーの演技だとは思いますが、さすがに少々やりすぎの感が。
posted by THOMAS at 23:01| TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。