2008年04月30日

ゲームブック 「火吹山の魔法使い」 Vol.14

 そろそろクライマックスね。

 その前にと。


食料1消費 体力4点回復


 よし。これで満タン。





龍の洞窟を過ぎ、しばらく進むと扉があった。扉を開けると、一人の老人がテーブルに向かって座り、カードをもてあそんでいた。 (274)


 この爺さんがラスボス・・・?


「ようこそ。待っていたぞ冒険者よ。」







 うわっ! 変身した。マジ強そう。

 いよいよラスボス戦よ。まともにぶつかるか他の手を考えるか、早く決めてね。

 少なくともあのドラゴンより弱いってことはないだろうし・・・何か手は・・・


 何かいい手が見つけられるかどうか、運だめし。


出目・・・5


 やった!


手段を求めて室内を見回すこなた。その目に先ほどまで魔法使いが手にしていた一組のカードが飛び込んできた。

「魔法使いは、その力を魔法のカードから得ているという噂がある・・・」

迷宮に入る前、麓の村で聞いた噂話を思い出したこなたは、カードめがけて飛び掛った!



 やあーっ!


「それに触るな!!」

明らかに焦る魔法使い。それにかまわずこなたは次々とカードを焼き捨てていく。すべてのカードを焼き捨てたとき、そこにいたのは力を失った一人の老人であった。



 これなら勝てる。覚悟!


VS 魔法使いザゴール
技術点7 体力点12


戦闘結果・・・勝利! 被ダメージ2点


 やった! 勝った!

 まだ終わりじゃないわよ。宝を手に入れられるかどうか・・・


ザゴールを倒し、奥の部屋に歩を進めるこなた。そこには巨大な宝箱が置かれていた。


 この宝箱には鍵穴が3つついてるわ。つまりカギが3本必要ってこと。

 ・・・え? 2本しかない・・・・

 ・・・あー、残念。



GAME OVER


 コンティニューだ、コンティニュー!!


というわけで、次回からは第2ラウンド開始。
posted by THOMAS at 23:54| ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 その16

 鬼がいない今のうちに・・・!


〜御所〜




 うわ、いっぱいいる。ばれないように・・・。





〜倉庫〜




 コイツをぶっ壊して・・・ やばい、誰か来た。





 ふう。行ったか。今のうち!


ガチャン ガチャン ガチャン!





 よし、倉庫の物音で鬼が集まって、こっちには居なくなった。








 お待たせ〜。

 本当に待たされたわよ。さっさと脱出しましょう。


どんべ「ひかり〜っ!」

どんべはほうもつでんにたどり
つきました。

どんべ「いたぞ!ひかり!
    「めをさませ!ここからにげるんだ!」

ひかり「うっ・・・・」

どんべ「ひかり〜っ!」

ひかり「うっ・・・・あたまが・・・・
    「いたい・・・・」

どんべ「しっかりしろ」

ひかり「あなたは・・・・?」

どんべ「ぼくだよ」

ひかり「どんべ?こんなに
    「おおきくなって・・・・」

どんべ「ひのえさまのおかげさ」

ひかり「ひのえさまのおつげを
    「わたしもねむってるあいだにきいたわ」

どんべ「じゃあ・・・・ぜんぶおもい
    「だしたのかい?」

ひかり「ええ、わたしはりゅうの
    「みやのおとひめ・・・・。あのあくのけしん
    「をふうじなければ・・・・。どんべも
    「てつだってくれるわね」

どんべ「ぼくでよければね」

ひかり「あなたじゃなきゃだめ
    「なのよ」

どんべ「えっ?」

ひかり「ううん。なんでもない」

どんべ「いそごう!おにがくる」

ひかり「ええ」



第5章 完 第6章へ
posted by THOMAS at 23:18| ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 その15

 この匂い袋があれば、あそこの鬼も倒せるかな?


〜朱雀門〜




 いた。・・・えいっ!





 おー、すごい効き目。鬼の服ゲット。





〜寺〜




 ちょっとここで変装してみよう・・・って、仏像が泣いてる!?


仏像「こ〜れ〜。そこにおるおによ。
    そなたたちは なぜ そんなにあくじを
    つづけるのだ・・・・。わたしはかなしい」



 涙・・・ ! 宮水だ!


・・・・よくぞすべてのみやみずをみつけた。

どんべ「ためしていたのか?」

・・・・そうだ。ひかりとともにりゅう
ふうじをするのに てきした おとこに
なったかどうかを・・・・。

どんべ「おいっ!このうでわと
    「ひかりのくびかざりは どういう
    「ものなんだ?」

・・・・あれは おまえたちの いのちだ。
あれがなければ おまえたちは八ねん
しか いきられなかったのだ。

どんべ「そんな!あれはぼくたち
    「が ぐうぜんみつけ・・・・」

・・・・つかいのものがいったであろう・・・・

どんべ「つかい?・・・・あっ!」

・・・・うでわとくびかざりはりゅうぐうびと
と おなじちからを さずけるものだ。
ひかりとみずをあやつれたであろう。
さあ、ひかりをすくいだし
しらいしのいずみへいそげ!



〜寺の外〜




どんべ「どうしてこんなところに
    「いるの」

易者「なんじゃ?おぬしは?」

どんべ「おおきくなったでしょ
    「ぼくだよ。どんべだよ」

どんべ「とぼけないでよ。ぼく
    「には わかるのさ。で、なんでここに
    「いるの?」

易者「お、おまえなんかしらんと
   「いっとるだろうが・・・・」

どんべ「みっつとも みやみずを
    「みつけたよ」

易者「そうかそうか。なら、これを
   「おまえにやろう」

えきしゃは かたなをくれました。

易者「ほうもつでんは ごしょの
   「なかを にしにいけばあるはずじゃ
   「それから ひがしには、どうたくも
   「おいてあるから こわしていくんじゃ」

どんべ「ありがとう!
    「いったいさん」

易者「しらんといっとるだろが!」

posted by THOMAS at 22:59| ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

リプレイ本紹介・・・「銀の輪の封印」

アリアンロッド・リプレイ無印シリーズの第1巻です。

キャラクター紹介
 エイジ プレイヤー:かわたな
 15歳 ヒューリン ウォーリア/サムライ
 「裏切りの大英雄」ガイアの息子。父の無実を証明するため     に旅に出る。

 アム プレイヤー:小浜智
 13歳 ヒューリン シーフ/アルケミスト
 エイジの幼馴染。典型的ツンデレで守銭奴。

 シグ プレイヤー:矢野俊策
 30歳 ドゥアン アコライト/ウォーリア
 歴戦の戦士だが、膝を痛めているらしい。都合の悪いことがおきると 膝のせいにする癖がある。

 フェルシア プレイヤー:久保田悠羅
 外見年齢17歳 ヒューリンとエルダナーンのハーフ メイジ/メイジ
 エイジの父ガイアと行動をともにしていたこともある謎の女性。


ルールブック発売前のリプレイということもあり、ところどころ荒い部分があるのは否めませんが、アリアンロッドというゲームの雰囲気をつかむには良い一冊です。
ただ、第2話の冒頭で、プレイヤー(特にアムやフェルシア)が暴走して、シナリオがあさっての方向にぶっ飛んでいったのはまずいですね。


あと、小浜さん あなたはある意味勇者です。

「いや、僕は13歳の女の子をやりますが。」

  
posted by THOMAS at 11:37| TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 その14

幽霊「一ま〜い・・・・二ま〜い・・・・三ま〜い・・・・
   「四ま〜い・・・・五ま〜い・・・・六ま〜い七ま〜い
   「八ま〜い九ま〜い・・・・
   「一まいたりな〜い・・・・
   「うらめしや〜」






 ゆ、幽霊!?


どんべ「はあ、はあ・・・・。
    「ぼ・・・・ぼくはおばけはだめなんだ」

りんご「かわいいおばけでしたよ」

りんご「なんか あのいどあやしい
     ですね」

どんべ「でも・・・・ゆうれいがいる
    「からなあ・・・・」

りんご「まかしてください。こんど
     でたら わたしがおっぱらって
     あげますよ」






どんべ「りんご!いまだっ!」

りんご「わんっ!」

幽霊「つ〜・・・・すり〜・・・・ふぉ〜・・・・
   「ふぁいぶ・・・・しっくす・・・・せぶん・・・・
   「えいと・・・・ないん・・・・てん・・・・?
   「あっら〜?十まいある・・・・?」

というと ゆうれいはきえました。
どうやら じょうぶつしたようです。






〜井戸の中〜




 うわー、真っ暗だ。


どんべ「なにかあるかい?」

りんご「・・・・もごもご」

あれりんごがなにかくわえています。
においぶくろです。こうすいのしみこん
だふくろです。

りんご「おちていたんですよ。
     なにかのやくにたつかもしれないから
     もっていてください」

どんべ「ありがとう。もらって
    「おくよ」






〜廃墟〜

 げ、鬼が来た。





 地面の下に何かあるのかな?





 お、穴が開いた。





〜氷室〜




 氷・・・? あ、もしかして・・・


とけたこおりのみずにうでわをひたし
ました。

うでわがひかりました。

どんべ「ひのえ!ひとつききたい
    「ことがある!りゅうのみやのことは
    「わかった。でも どうしてぼくたちが
    「えらばれたのだ?」

・・・・えらばれたのではない。これはさだめ
なのだ。

どんべ「さだめ?」

・・・・まだわからぬのか?おまえたちが
どのようにして うまれたかを きいた
はずであろう。

どんべ「ぼくたちは なにもの
    「なんだ?どこからきたのだ?」

・・・・おまえは さるやいぬですらできた
つとめをはたすことができなかった
ひかりのいったことをまもらず
りゅうをときはなってしまった。

どんべ「ひかりだって?」

・・・・りゅうをふうじるため、おまえたちは
うまれかわったのだ。

どんべ「わぁ〜っ!まってくれ」

ひのえのこえはきこえなくなりました。



 これで宮水2つ目発見。
posted by THOMAS at 15:35| ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 その13

=5章=




 さて、ひかりと宮水を探さないと。





〜空き家〜




 お、ロープ発見。何かの役に立つかもしれないから、もらっとこ。








 お、金太郎だ。久しぶり。


金太郎「あい ふぁうんど
     みすひかり」

ひかりを、ほうもつでんで
みつけたといっています。

金太郎「あんど ご〜とぅ〜
     あんだ〜ぐらんど」

じめんのしたへ いけといっています。

金太郎「はり〜あっぷ」

いそげ!というときんたろうは
はしっていきました。



 何でこんなに詳しいんだろ?





〜屋敷〜




 あ、門が開いてる。入ってみよう。





 井戸があるだけか。・・・ん? 井戸といえば・・・、もしかして。


いどのみずにうでわをつけてみました。

どんべのうでわがひかりました。

・・・・どんべよ よくきた わたしが
ひのえである。

どんべ「あなたは おほしさま
    「だったのか」

・・・・これは かりのすがただ。
そんなことは どうでもよい。

どんべ「おしえてくれ。りゅうは
    「・・・・やつは なにものなんだ?」

・・・・このよには ふたつのせかいがある。
やつは もうひとつのせかい・・・・やみの
せかいのものだ。このふたつのせかいは
りゅうのたまで つながっている。
だから すこしでもゆだんをしていると
あいつは こちらのせかいへとびだして
くるのだ。

どんべ「なんのために?」

・・・・やつには からだというものがない。
ひとのたましいを すいとり、みずから
のからだを つくるよろこびをしって
しまったのだ。

どんべ「りゅうのからだはひとの
    「たましいで できているのか・・・・」

・・・・そうだ。たましいは りゅうのたまに
つながれている。これをときはなてば
やつの からだはなくなるのだ。

どんべのうでわのひかりかたが
よわくなりました。

どんべ「ま、まって!」

ひのえのこえは きこえなくなりました



 宮水ひとつめ発見。
posted by THOMAS at 00:15| ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

ゲームブック 「火吹山の魔法使い」 Vol.13

果てしなく続くかのような迷路に、うんざりしながらも進み続ける。


 お?


道が次第に広くなり、やがて広大な洞窟へとつながっていた。


 やっと抜けられた?


洞窟の奥のほうから、ゴロゴロという雷鳴のような音が聞こえ、何かが光った。


 ん? 何だろ?


ゴオオー!!!


 う、うわあ!!!


突如炎がこなためがけて襲い掛かる。こなたは慌てて避け、炎は壁に生えていた苔を焼き焦がした。





 ド、ドラゴン!?

 間違いなく今までで最強の敵ね。どうする? このまま戦うこともできるけど・・・? (106)
 
 冗談。さっきのミノタウロスで散々苦戦してるのに、まともにやりあってたら命が幾つあっても足りないよ。・・・とはいえ、コイツをどうにかしないと奥には進めそうもないし・・・。





 そうだ! あの本。龍火の書!

 よく思い出したわね。


エキム エリフ
エカム エリフ
エリフ エリフ
ディ マジオ



ゴウッ!

バアン!!

ギャオオオォォォ!!!


 すごい! ドラゴンが吐こうとした炎の玉が、口の中で爆発した。のたうちまわってるよ。

 今のうちに、奥に行きましょうか。


to be continued...


冒険記録紙
技術点11(11) 体力点16(20) 運点9(9)
食料 7
金貨 54
アイテム 青銅のカギ(99)
       透明薬
       三日月の盾
       チーズ
       銀の十字架
       古い耳飾り
       銅のカギ(111)  
posted by THOMAS at 22:46| ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 その12

わんっ!わんっ!





 うお!? 犬だ。


犬「こんにちわ、どんべさん」

どんべ「しゃべった!・・・・・・・・。
    「おんなのこ、こなかった?」

犬「きませんよ、おにならとおり
  ましたが・・・・・・・・」



 あ、もしかして・・・。きびだんごをあげてみよう。


ありがとう。あなたのおてつだい
をするようにいわれてます。いっしょに
つれていってください。
わたしのなまえは りんごです









 あー、橋が壊れてる。ほかを探すか・・・。





 東西に1軒ずつ渡し舟乗り場があったけど。




 こっちがたぬきの泥舟。




 で、こっちがうさぎの木の舟。かちかち山なら当然木の舟なんだけど、ここはうさぎに火を貰って松明に火をつけ、泥舟をあぶって固めて乗るのが正解。





〜関所〜




 弁慶ががっちり守ってるね。


りんご「わたしだけならなんとかとおれ
     そうですが・・・・・・・・」



 打ち出の小槌で小さくなって、りんごに乗って入ろう。





〜都〜




 さて、元の姿に戻らないと。


どんべ「おい、まて」

りんご「それではしつれいですよ。
     すみません、すこしおねがいがあるん
     ですが・・・・・・・・」

町の人「まあ、いぬがしゃべった」

りんご「このこづちをわたしにむかって
     ふっていただけませんか?」

町の人「ふればいいのね」

さっ、さっ、さっ・・・・・・・・・・・・・・・・ぼん!






 おー、かっこよくなった。

 というところで、前編はおわり。次からは後編よ。
posted by THOMAS at 00:27| ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 その11

 垣根に引っかかってた松明を持ってきたけど・・・、水の中にあった松明なんて使えるのかな?


こぞうそれではふべんであろう。それ!
おっ!たいまつにひがつきました。



 うおっ! びっくりした。





 ・・・なんか、気が遠く・・・


・・・・どんべよ・・・・・・・・めざめなさい・・・・

どんべ「うう、だ、だれだ・・・・・・・・」

・・・・わたしはひのえとよばれるものだ。

どんべ「ひのえ?どっかで
    「きいたな」

・・・・そう、このよ そしてりゅうのみやを
おさめるものだ。

どんべ「りゅうのみや?」

・・・・たまてばこにりゅうをふうじておく
ばしょである。
・・・・たまてばこはおとひめがもっている。
おとひめは ひゃくまんねんに いちど
わかがえるためにうまれかわりを
しなければならない。
・・・・そのあいだはたまてばこをちじょうの
どうぶつにまかせるのだが、おろかにも
にんげんはあけてしまったのだ

どんべ「それでりゅうが・・・・・・・・」

・・・・はやくめざめなさい。
あんこくのけしんがせかいに
じゃあくのこころを ふりまいている。
おまえにしか りゅうをふうじることが
できぬ。

どんべ「ど、どうやって・・・・・・・・」

・・・・やつのじったいはりゅうのたまだ
たまをぬきとってたまてばこにいれれば
よい。それだけだ。

どんべ「りゅうはどこにいる?」

・・・・おにがしまだ。しまへわたるためには
みやみずのわく しらいしのいずみを
とおるしかない。
・・・・いけ!どんべよ。

どんべ「ま、まてっ!もっと
    「ききたいことが・・・・・・・・」

・・・・みやみずがみやこにもある。
おまえじしんがうでわをみやみずに
つければ、ひかりをつかうちからが
もどる。そのときわたしはおまえの
まえにすがたをあらわし、おまえを
みちびくであろう・・・・・・・・
いいな、これはおまえじしんのてで
やらなくてはいけないことなのだぞ。






 気がついたら小屋のところにいたよ。








 あれ、ひかりがいない。





〜橋〜




 見つからないままこんなところまで来ちゃったよ。

 しばらくアタシは出番なしね。
posted by THOMAS at 00:21| ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

リプレイ本紹介・・・「未来への絆」

ダブルクロス・オリジンシリーズの最終巻。

今回は、最終巻だけあって、オールスター総出演状態。
主役の隼人、椿と、第1巻から群墨応理、第2巻から蓮見イサム、第3巻から辰巳狛江がPCとして登場。
それぞれの巻でおもしろい方のキャラばかりが選ばれています。

最終話では残りのキャラも、NPCではあるが総登場し、敵側も何と過去3巻のラスボスが一度に再登場という豪華さ。

第1巻から張られた伏線が、最終話で見事に生きているので、全巻通して読むことをお勧めします。


posted by THOMAS at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 その10

 ちょっと潜ってみるよ。


〜水中〜




 当然だけど、だれもいない・・・ん? あそこは・・・。





〜寺〜




 ここだけ水がものすごい勢いで流れてる。もうちょっと近づいて・・・って、うわっ!








 な、何!? 水が光りだした!





まっておったぞ!ようやくひかりを
あやつるものがそろったな!
めざめのときがやってきたのだ!
とおるがよい!



 今の声はどこから・・・。あれ、水の流れが止まってる。








 うわ、真っ暗だ。何か明かりになるものを探さないと。
posted by THOMAS at 23:29| ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 その9

=4章=




 となりむらのあったところが湖になってる・・・!?








 周囲をさがしたら、小屋があったよ。

 壁に何か書いてあるわね。


「つみびとよ、あかしの
「しなをもち われらがひめの
「ちからで めざめのもんを
「くぐるべし。あくを
「ときはなちたるあくぎょうは
「そのみをもってつぐなうべし」



 どういう意味・・・?

 ん、誰か来た。





 いったいさん!?


男「だれのことをいっとるんじゃ」

ひかり「だれなの?」

男「わしはきんじょにすんどる
  りょうしじゃ」

ひかり「あのこやはなんなの?」

男「あれはひのえさまをまつった
  ほこらじゃ」

ひかり「ひのえさま?」

男「りゅうぐうにかかわりのある
  おかたらしいが、わしにもわからん。
  いまみやこではりゅうがあばれておる。
  りゅうをふうじるでんせつのおひとが
  あらわれれば、ほこらがひらくと
  いうが・・・・・・・・。
  あんた、でんせつのおひとかい?」

ひかり「とんでもないわ!
    あなたはいったい・・・・・・・・」

男「わしゃいったいじゃあないよ」

男「おやっ?そのうでわは?」

どんべ「おれ、みつけた!」

男「おおっ!これはっ!・・・・・・・・
  そうかそうか・・・・いいかよくきくんじゃ。
  このむらのひとたちは、ひとつのてらを
  まもるためにあつまったらしいのじゃ。
  めざめのものがあらわれるまで てらを
  まもっておったが、おにがちかづいた
  ために みずからのてでむらをしずめた
  のじゃ。かれらはりゅうぐうびと
  だったんじゃな。
  そういえば、かれらもおなじものを
  もっとった・・・・・・
  なんでも みずをあやつるどうぐだ
  そうじゃ」

どんべ「ふ〜ん」



 竜宮人ねえ・・・。
posted by THOMAS at 22:22| ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

ゲームブック 「火吹山の魔法使い」 Vol.12

 う〜〜


相変わらず迷路の中を彷徨い続けるこなた。苛立ちの色が隠せない。


 アンタねえ。この程度でイラついてたら、「ドルアーガ3部作」なんてやった日には悶絶するわよ。ちゃんと地図を描きながら進めば、どうってことないんだから。





 あ、扉だ。


ギギギ・・・


グウォオオーーーー!!


 な、何事!?





 部屋の中にいたのはミノタウロス。 (179)


VS ミノタウロス
技術点9 体力点9


 む・・・。手強い。





戦闘結果・・・ 8点のダメージを受けた





 うー、かなり痛いよ。

 初めての大苦戦ね。さて、部屋の中には金貨の詰まった壷があるわけだけど・・・。

 え? 本当?


しかし、ほとんどは土くれに色を塗っただけの偽物だった。こなたは金貨8枚を手にいれた。


 ちぇっ! なんだこんなもの。


ガチャン!!


 あれ? 底になにかある。


割れた壷の底から、銅で出来たカギを見つけた。


 ようやく2本目ね。


食料を1つ消費し、体力点を4点回復させたこなたは、部屋を後にした。


to be continued...


冒険記録紙
技術点11(11) 体力点16(20) 運点9(9)
食料 7
金貨 54
アイテム 青銅のカギ(99)
       龍火の書
       透明薬
       三日月の盾
       チーズ
       銀の十字架
       古い耳飾り
       銅のカギ(111)  
posted by THOMAS at 20:59| ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 その8

 中に入ったのはいいけれど、誰かに見られてる気がするのよね・・・。ちょっと遠眼鏡で辺りを見てみましょうか。


お〜っ、なんだそりゃ?お〜っ


 えっ!? 誰!?





ひかり「な・・・・・・・・なによ・・・・あなた、
    「だれ?」

天狗「お〜っ、わしはてんぐじゃ。
   「おにがでてったからしのびこんで
   「きたんだ!お〜っ」

ひかり「わたし・・・・・・・・あやしいもの
    「じゃないのよ・・・・・・・・」

天狗「お〜っ、へんなつつなんだ?」


ひかり「とおめがねといって
    「とおくのものを おおきくして
    「みるものなの」

天狗「お〜っ!お〜っ!おおきくなる
   「のか!お〜っ!くれっ!くれっ!」

ひかり「どうたくのあるばしょを
    「おしえてくれたらあげてもいいわよ」

天狗「お〜っ、おにがおこるから
   「やだ、お〜っ。おくのへやにあるなんて
   「いえないよ、お〜っ」

ひかり「やくそくだからあげるわ
    「はいっ!」

天狗「お〜っ、なんでくれるんだ?
   「お〜っ、おまえへんなやつだなあ」






天狗「かくれみののはいだ、お〜っ
   「すがたをけすことができるんだ、お〜っ
   「このあいだまちがってもやしてしまった
   「かなし〜っ、はいになってしまったから
   「すこしやる、お〜っ!
   「おっおっ!こまったな、お〜っ へんな
   「じいさんからかっぱらったふくろと
   「くべつがつかなくなった、お〜っ。
   「おまえ、どっちがいいか?」



 ここで赤を選ぶと面白いことがおきるけど、調子に乗ってやりすぎると大変なことになるよ。





〜銅鐸の部屋〜




 透明になってる今のうちに・・・って、やばい。気づかれた。ええい、この硫黄玉を・・・!


ボンッ!!


 よし、今だ!





 じゃあこっちも爆弾をセットして、と。


ドカーン!!!





 とりでは破壊したけど、残念ながらおじいさんたちの魂はここにはなかったわ。鬼ヶ島まで行かないといけないみたいね。


第3章 完 第4章へ続く
posted by THOMAS at 22:10| ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 その7

 今度は左の道ね。





 うひゃ〜、すごい道。下はどうなってるのかな・・・?

 あっ!! バカ!!


〜GAME OVER〜



 余計なことするから、ゲームオーバーじゃないの!

 ゴメンゴメン。





〜やり直し〜

 お、こんなところに硫黄の玉が落ちてる。もらっとこ。





〜つり橋〜




 さすがに頑丈そうね。

 でも足元は弱そうだよ。この爆弾を使えばいけるかもね。





 何か砦が騒がしいわね。

 鬼が慌てて出て行ってるよ。何だろう。

 そうか! さっきの温泉だ。鬼はきっと硫黄の臭いが苦手なんだ。この硫黄玉を使えば追い払えそうね。





〜砦入口〜




 さあて、行くわよ。

posted by THOMAS at 22:26| ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

リプレイ本紹介・・・「破滅の剣」

ダブルクロスリプレイ・オリジンシリーズの第3巻です。

今回は、遠藤卓司氏、安達洋介氏の2名が新たに参加。
普段負け役の大畑顕氏が主人公のため、安達氏がかわりに負け役に(笑)。

今回はPCがUGNとFHに分かれるという設定で、敵対したり協力したりと実に面白いストーリーになっています。特に遠藤氏の悪役っぷりは最高です。

ストーリーは相変わらず重く、今回はPCの過去にも踏み込んできます。
そして意外な結末に。
非常に面白いので、お勧めします。


posted by THOMAS at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 その6

=第3章=




 おじいさんたちを助けに、屏風岩に行くわよ。





〜山の麓〜




 壊れた家があるね。

 ここから丸太、金槌、遠眼鏡、爆弾をゲット。





〜山道〜




 道が崩れてるわね。

 ここでさっき拾った丸太を使って、はいこの通り。





〜分かれ道〜




 どっち?

 うーん、右。





〜絶壁〜




 行き止まりじゃないの。

 この壁、なんだか暖かいよ。ちょっと金槌で叩いてみる。


こん!こん!
こん!ずこっ!・・・・・・・・。
しゅ〜っ!



 お、温泉!?
posted by THOMAS at 16:44| ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 その5

 これ以上先に進むことは出来ないから、戻るしかないわね。





〜川〜




 あれ? そういえば今夜は闇夜じゃなかった?

 確かに星一つ見えないって・・・。じゃあこの月は一体何?

 この竹の棒で手繰り寄せてみるよ。





 これは・・・お皿?








 あ、河童がいる。泣いてるみたいだね。


河童「うっ・・・・・・・・うっ・・・・だいじなおさら
   「をなくしてしまったんです。
   「たきがひかったらみずをとめろといわれ
   「ているのに・・・・・・・・ちからがでない」



 お皿ってこれ?


河童「きゃ〜っ!きゃ〜っ!こ、これ
   「これですよ!これ!わたしのおさら!
   「なんとおれいをもうしてよいのやら・・・・・・・・
   「じゃ、わたしはみずをとめないといけ
   「ないので これでしつれいします」






〜滝〜

 あっ! 本当に水が止まってる。滝の中に入れるよ。





〜滝の中〜




 なにこれ。UFO?

 文字が書いてあるね。


りゅうのみやこにて いまわしき
あんこくのけしんよみがえる。
わたしはこのちにふっかつし
あやまちをただすものなり






 あ! 動いた!?





 取ろうとしたら勝手にはまったよ。





 家に帰りましょうか。








 大変! おじいさんとおばあさんが鬼に襲われてる!





 結局、おじいさんとおばあさんは連れ去られてしまったけど、鬼のアジトである屏風岩を破壊して魂を取り戻せば助かるって金太郎が教えてくれたから、次回は屏風岩よ。

第2章 完 第3章へ続く
posted by THOMAS at 23:55| ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

歴史人物・・・「ガイウス・ルタティウス・カトゥルス 〜第一次ポエニ戦争勝利の立役者〜」

ガイウス・ルタティウス・カトゥルス (BC291〜220)
共和制ローマ執政官 (BC242)

 今回取り上げるのは、第一次ポエニ戦争を終結に導いた名将カトゥルスや。

 カトゥルスは、BC242年に執政官に選出され、ローマ艦隊の司令官に就任するんや。ちょうどこの頃、ローマはシチリアの西側にあるトラパニ、リリバエウム、エリチェという3つの要塞を攻略中やったんやな。

 カトゥルスはカルタゴの補給線を絶つため、港の封鎖に取り掛かったんやが、戦闘中に足を負傷し、一時撤退することになるんや。

 余談やが、この時エリチェの要塞を守っていたのが、あのハンニバルの父ハミルカルや。

 さて、カトゥルスは怪我が治るまでの間、のんびりしていたわけではなく、この機会を利用して兵士たちに猛訓練を課し、徹底的に鍛え上げたんや。その結果、怪我が完治する頃には、海上でもカルタゴと互角以上に戦えるまでになっていたんや。

 それはすごいですね。

 そのことを知ってカルタゴは大慌て。本国から増援部隊をシチリアに送り込むんやが、カトゥルスはそれを察知し、自らも出撃してリリバエウム沖で増援部隊の捕捉に成功するんや。ところが・・・

 ところが?

 この時、リリバエウム沖はひどい時化に見舞われていたんや。そこでカトゥルスは悩んだ。このまま時化の中戦闘に持ち込むか、時化が収まるまで待つか。収まるまで待てば増強された敵艦隊とぶつかることになる。しかし今攻撃すれば、風に翻弄された挙句に海の藻屑と消えることになるかもしれないってな。お前らならどうする?

 私は・・・、収まるまで待ってから攻撃します。戦いでならともかく、嵐で大事な兵士を失うわけには行きませんから。

 あたしなら今すぐ攻撃するね。待ってたら敵は100%強くなっちゃうけど、風に負けるかどうかはやってみないとわからないから。それに自分が鍛えた部下を信じなくちゃ。

 泉が正解。カトゥルスは時化の中、あえて攻撃に踏み切ったんや。結果は大勝利。50隻を撃沈し、70隻を拿捕という大戦果をあげたんや。

 カルタゴはこの大敗北で戦意を喪失、とうとう降伏し、第一次ポエニ戦争はローマの勝利で幕を閉じるんや。



統率政治戦闘智謀魅力
7942787466

特技:海戦


関連人物

ハミルカル (?〜BC229/228)

統率政治戦闘智謀魅力
8665887779


 カルタゴの将軍よ。ハンニバルの父として有名だけど、本人もかなりの名将よ。


参考文献 「ローマ人の物語2 ハンニバル戦記」 塩野七生
       「古代ローマ歴代誌」 フィリップ・マティザック
posted by THOMAS at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 その4

〜となりむら〜





 やっと着いたわ。

 えーと、店は・・・

 お寺の隣ね。


〜店〜





 手紙と反物をいったいさんに渡して、ここでのイベントは終わり。帰るわよ。





〜家〜


 おじいさんと話しているうちに、いったいさんが届けものを持ってきてくれたよ。


「まいどお〜!」

お爺さん「おお、そういっとるうちに
      いったいさんがきたようじゃ」

いったい「おおきにい」

お爺さん「やあ、いったいさん。
      わざわざすまんかったのう」

いったい「おやすいごようでおます」

お爺さん「けいきはどうだい?」

いったい「りゅうのせいでさっぱり
      ですわ」

お爺さん「りゅう?」

いったい「あれ?しりまへんか?
      みやこにりゅうがでてきましてなあ
      にんげんをおににしてますのや。
      そのおにがまたあばれもんで・・・・・・・・どうも
      だれかをさがしとるようなんやけど・・・・・・・・
      まちをこわしたり、ひとのたましいを
      すいとっておにをふやしたり
      たいへんなさわぎになってます。
      きをつけておくれやす。
      こっちにもむかってきてるみたいでっせ
      うわさではここからもそうとおくない
      びょうぶいわにも とりでをつくっとる
      と、いうことですさかい」

お爺さん「それはこまったのう・・・・・・・・」

いったい「ほな、しなものはここへ
      おいときまっさ。おおきにい」

お爺さん「ごくろうじゃった」






〜深夜〜

 眠れないのか、二人とも起きてしまったわね。

 あれ? この箱・・・。 中はお椀と竹筒?

 二人が生まれた物ね・・・。


はろ〜ぐっどいぶにんぐ


 うわ! 金太郎がいきなり来た!

 二人はここの子供じゃない。確かめたければ川上に行けだって。





〜滝〜




 滝の奥で何か光ってるね。

 でも滝の中に行くのは無理だから、登って上流に向かうしかないわね。





〜竹やぶ〜





 切った竹が落ちてたわ。何かに使えるかもしれないわね。
posted by THOMAS at 21:45| ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。