2007年07月31日

Wolf n' Swine

Wolf n' Swine

miyuki4.JPG 今日はフリーゲームの紹介ですよ。



kagami4.JPG ホットドッグ?

miyuki4.JPG はい。皿に乗っているホットドッグをお客さんのところまで時間内に無事届けてください。操作方法は十字キーの左右で移動、上でジャンプです。敵キャラに触れるとホットドッグを食べられてしまいます。そのステージで最低限必要なホットドッグの数は決まっていますので、最低でもその数だけは届けてくださいね。


〜プレイ中〜

kagami2.JPG あー! 飛び越しちゃった。ちょっと操作が微妙すぎない? マップも覚えないとダメだし。

miyuki4.JPG 確かに微妙なキー操作が要求されますね。



posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

リプレイ本紹介・・・「疑惑の石像」

 今回はデュダRPGリプレイ第2巻「疑惑の石像」の紹介です。

 「刺青の魔術師」「街を走る恐怖」「疑惑の石像」の3篇が収録されています。

 「刺青の魔術師」
ヒマつぶしに銭湯に向かうデュダ一行。そこでインプの刺青をしたオヤジと出会います。何とはなしに刺青を眺めていると、何と刺青のインプがウインクしたではありませんか。俄然興味をもつデュダたち。そんな折、とある刺青師から盗まれたインクの捜索依頼が入ります…。
 オリジナルルールである「迷探偵判定」のせいで、むちゃくちゃな展開になってしまっています。ギャグをギャグとして楽しめる人向けですね。

 「街を走る恐怖」
デュダの仲間であるムーンのもとに、急病の格闘家の代役として試合に出てほしいという依頼が入ります。試合に出場するムーンでしたが、デュダたちは相手側が不正をしていることに気づきます。
格闘家の病気も偶然とは思えなくなったデュダは、早速調査を開始します…。
 前回とは打って変わってシリアスなストーリーが展開されます。サイコロの出目でシナリオの雰囲気がここまで変わってしまうものなのですね。クライマックスの戦闘でラットが死んでしまいますが、敵側から金を奪って生き返らせるというのは、正直どうでしょうね。

 「疑惑の石像」
デュダの元に、ペットの猫の捜索依頼が入ります。猫の彫像の制作を依頼した数日後に行方不明となったと聞いたデュダは、もしやその彫像が猫そのものではないかと思いつきます。
デュダの予想は的中していました。猫は無事戻りましたが、デュダは彫像を制作した彫刻屋に疑惑の目を向けます…。
 ストーリーのネタは単純です。ただ、敵側が何をしたかったのかいまいちよくわかりません。また、キャラクターとしての知識と、プレイヤーの知識がごっちゃになっている部分が見受けられます。


posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

歴史ネタ・・・「トゥルス・ホスティリウス 〜充実から拡大へ〜」

トゥルス・ホスティリウス (BC710?〜641)
王政ローマ第3代王 (在位BC673〜641)

nanako4.JPG 歴史の話、第3回目は王政ローマ第3代目の王、トゥルス・ホスティリウスについてや。

続きを読む
posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

Super Doggy

Super Doggy

miyuki4.JPG 今日はミニゲーム「Super Doggy」の紹介です。



tsukasa1.JPG わあ、かわいい。

miyuki4.JPG 見ての通り、横スクロールのアクションゲームです。ネコ軍団に攫われた仲間を助けるために、スーパーマンならぬスーパードッグが大活躍するお話ですね。

tsukasa2.JPG どうやって遊ぶの?

miyuki4.JPG 操作方法は難しくはないです。十字キーの左右で移動、上かAキーでジャンプ、下でしゃがみます。体が光っているときSキーを押すと、特殊攻撃をします。ドッグフード?を集めながら進んでください。敵キャラは上から踏むと倒せます。

tsukasa1.JPG ふーん。スーパーマリオみたいな感じなんだね。

〜プレイ後〜

tsukasa2.JPG ミニゲームにしては凝ってて面白いね。音楽も壮大でステージ数も多いし。声がかわいくないのが難点だけど。



posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

リプレイ本紹介・・・「迷探偵登場!」

 今回は、デュダRPGというゲームのリプレイ「迷探偵登場!」の紹介です。

 デュダRPGというのは、元々ソードワールドの小説のひとつに、ドワーフのデュダとエルフのリュークのコンビが、探偵の真似事をして事件を解決していくというコメディ色の強いシリーズがあったのですが、これがそこそこ人気があったので、独立してゲーム化したものです。とはいえ、元がソードワールドですから、基本的なルールは同一で、多少オリジナルのルールが付け加えられているだけです。

 ぶっちゃけ、お遊び的な感覚でお手軽に作られたゲームですから、本格的に遊ぶのはまず不可能です。システム上、主人公がデュダでないと面白くもなんともないのですが、このデュダというキャラクター、性格に癖がありすぎて、受け付けない人も多いかと思われます。

 さて、このデュダRPGのリプレイ、全3巻のうちの第1巻が「迷探偵登場!」です。登場人物はデュダとリュークのほか、鈍足怪力女性プリーストのエミール、くすぐったがり屋の黒人格闘家ムーン、シーフのラット、影の薄いハーフエルフソーサラーのパルマーです。

 デュダは「探偵」ですから、一応ストーリーは全てそういう話です。が、その全てをノリと勢いだけで解決している(というか、あえてそうさせている)ので、パロディとして楽しめる人にのみお勧めします。


posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

ドラゴンクエスト ガライの街〜マイラの村

kagami4.JPG ガライの街の周辺で経験値と金稼ぎね。十分なお金がたまったら「どうのつるぎ」と「くさりかたびら」を買ってマイラの村へ向かって出発。

konata2.JPG 「ガライの墓」はスルー?

kagami2.JPG まだ入れないし。


〜マイラの村到着〜



kagami4.JPG 次回はマイラの村からね。


ここまでに出会った敵

魔法使い
魔法使い
ギラが怖い。レベル5ぐらいまでは強敵。




スクウェア・エニックス

ドラゴンクエスト メタリックモンスターズ ギャラリー メタルスライム



posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

Ratmaze

Ratmaze

konata1.JPG 今日はミニゲーム「Ratmaze」の紹介だよ。



konata1.JPG 十字キーでネズミを操って、「R」「A」「T」「M」「A」「Z」「E」の文字の形をしたチーズを捜してね。その近くにボールと穴があるはずだから、ボールをネズミで押して穴に入れてから文字の形をしたチーズを食べてね。7個全部食べればクリアだよ。

kagami4.JPG とにかく文字の形をしたチーズを捜せばいいのね。

〜プレイ中〜

kagami2.JPG チーズは見つかったけど、ボールがうまく穴に入らないわね。画面外まで転がってっちゃうし・・・。

konata1.JPG 制限時間もそんなに長くないから、出来るだけ速くチーズを見つけることと、ボールのコントロールが重要だね。

kagami4.JPG それにしても、画面が80年代のパソコンゲームチックでいいわね。


posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

リプレイ本紹介・・・「召喚ムスメと地下迷宮!」

 今回は、六門世界RPGのリプレイ「召喚ムスメと地下迷宮!」の紹介です。
 
 著者は、同ゲームのデザイナーでもある加藤ヒロノリ氏。同タイトルで2巻まで刊行されています。

 六門世界RPGは、トレーディングカードゲーム「モンスター・コレクション」の世界を舞台としたTRPGで、ゲームシステムの出来はかなりいいと思います。が、このリプレイに関して言えば、正直なところあまり出来がいいとはいえません。
 
 六門世界RPG初のリプレイなのを意識しすぎたのか、ルールにこだわりすぎて肝心のストーリーがおざなり、ぶっちゃけつまんないです。2巻になると多少はましになりますが、メインの自動再構成迷宮が、まんま「トルネコの大冒険」で、世界観から浮きまくりです。

 話は完結していないのですが、3巻目が出ないところを見ると、打ち切られたのでしょうね。この本が出たすこし後に、別著者のリプレイシリーズが出版されるのですが、面白さが全然ちがいます。





posted by THOMAS at 00:00| Comment(1) | TrackBack(1) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

London Cabbie

London Cabbie

miyuki4.JPG 今日はミニゲーム「London Cabbie」の紹介です。



kagami4.JPG 車のゲーム?

miyuki4.JPG 正確にはタクシーのゲームですね。時間内に指定された場所に停車し、客を乗せて発進してください。操作は、→キーでハンドルを右に、←キーでハンドルを左に、↑キーで前進、↓キーで後退、スペースキーで急停止、Hキーでクラクションです。

kagami4.JPG とりあえずやってみるわ。

〜1回目〜

kagami4.JPG あの赤い矢印のでてるところに停めればいいのね。

ガッシャン!!

kagami2.JPG なんでいきなり対向車が来るのよ!

〜2回目〜

kagami4.JPG 車をやりすごして・・・と。

ガン!!

kagami2.JPG あ・・・。ハンドル切りすぎた。

〜3回目〜

kagami2.JPG なかなか上手く停められないわね・・・。

TIME OVER

kagami2.JPG 時間が短すぎよ!

miyuki4.JPG 1分間しかありませんから、サッと停めてサッと発進しないと、とても間に合いませんね。車の運転が出来て、なおかつ車庫入れの得意な人でないと難しいでしょうね。

miyuki4.JPG ちなみに、黄色のエリアの中に車体が全部納まっていれば、斜めになっていても大丈夫ですよ。


posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

リプレイ本紹介・・・「天からの一撃」

 今回は、ダブルクロス・リプレイ・ストライク「天からの一撃」。
PCは、UGNエージェントの高校生・国見以蔵(田中天)、女性型アンドロイド・マーヤ(三輪清宗)、男装の麗人で傭兵のシャル(矢野俊策)、外見少女で中身はドラゴンのモルガン(三田誠)の4人です。
 
 今までのダブルクロスシリーズとは正反対のキャラ設定と雰囲気に、戸惑う人もいるかもしれませんね。見事なまでにハーレムアニメなノリの導入と展開は、そっち方面に慣れた人でないとちょっとつらいかも・・・?

 ダブルクロスといえば、陰のあるちょっと重たいストーリーが基本。とはいえ、たまにはこんな軽いノリもいいんじゃないでしょうか。あくまで、「たまには」ですが。

 今回の田中天さんは、情けない妄想高校生を相変わらずのテンションで演じておられますが、他3人のPCとNPC1名のアクが強すぎて影薄めです。

 ところで、タイトルの「天からの一撃」って、やっぱりそういう意味もあるんですよね?



小太刀 右京, F.E.A.R

天からの一撃―ダブルクロス・リプレイ・ストライク (富士見ドラゴンブック 19-22)


posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

ドラゴンクエスト スタート〜ガライの街

ドラゴンクエスト
FC エニックス 1986
dq1-title.GIF

kagami4.JPG さあ、いよいよドラクエね。

konata1.JPG 日本屈指の大人気シリーズの走りだよね。

kagami4.JPG かなり時間がかかるから、数回に分けてじっくりいくわよ。



konata2.JPG 主人公の名前「らうる」って、これ

kagami4.JPG ハズレ。こっちよ。

kagami4.JPG まず王様の話を聞いて、宝箱を開けてたいまつ、カギ、120Gを手に入れましょ。

〜ラダトームの街〜



kagami4.JPG ラダトームの街では、まずは武器ね。「こんぼう」と「ぬののふく」で十分でしょ。

konata2.JPG しっかしカニ歩きだね。

kagami3.JPG ファミコン初の本格RPGだし、いろいろと試行錯誤してたのよ。





kagami4.JPG しばらくは周辺で経験値稼ぎ、お金がたまったら「かわのよろい」「かわのたて」を買って「ガライの街」へ行きましょ。

konata2.JPG 「ロトの洞窟」へは行かないの?

kagami4.JPG 必須のイベントじゃないからね。


〜ガライの街到着〜



kagami4.JPG 次回はガライの街からよ。

ここまでに出会った敵

スライム
スライム
雑魚中の雑魚。

スライムベス
スライムベス
スライムよりもちょびっとだけ強いけど、やっぱり雑魚。

ドラキー
ドラキー
レベル3ぐらいになったら戦えるかも。

ゴースト
ゴースト
レベルが低いときにうっかり出くわすと、ちょっとつらいかも。




スクウェア・エニックス

ドラゴンクエストモンスターぬいぐるみ ニットタイプ2 スライム:Mサイズ


posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

リプレイ本紹介・・・「侵蝕の魔手」

 シャドウランのリプレイ集の紹介もいよいよ最後、第4巻「侵蝕の魔手」です。

 姉との間にあった出来事を乗り越え、完全にパーティの一員となったジェーン。彼女たちの元に、「梶原」と名乗るオークからの依頼が入ります。その依頼とは、「陣内」という代議士の暗殺というものでした。メタヒューマンの擁護者として有名な陣内ですが、裏ではメタヒューマンたちを殺し合わせて楽しむという悪魔の顔を持っているという話でした。半信半疑のジェーンたちを尻目に、一人殺だけが義憤に燃えます。結局殺ひとりが依頼を受けることになりますが、ジェーンの危惧どおり、やはり依頼は全くのでたらめでした。殺は危うく無実の人間を殺すところを、「ルース」という女エルフに止められます。問い詰められた梶原は、ジェーンたちの目前で爆死。その影には死んだはずのパペット・マスターの姿がありました…

 初代パペット・マスター「篁」との決戦。仲間が次々と操り人形にされていくなか、はたしてジェーンは篁を倒し、因縁にけりをつけらることができるのでしょうか。

 今までにも増してハードなストーリーと厳しい戦闘で、クライマックスに向けて盛り上がります。
 ボンデージ・スーツに身を包み、大型バイクを乗り回す女エルフ「ルース」の姿もなかなかグッドですね。


posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

Robo Pogo

Robo Pogo

miyuki4.JPG こんにちは。今日はミニゲーム「Robo Pogo」の紹介です。

tsukasa1.JPG なつかしー。ホッピングだね。

konata2.JPG 拳法において身のこなしの素早さは最も重要であるが、それを倍加させる為の道具が鉄騎宙弾である。その原理は至って単純であり、バネと体重による反発力を利用したものである。これを発明した中国漢代の武術師範宝浜具(ほうぴんぐ)は、これを使って地上30メートルまで跳躍し、当時の人々を驚嘆させたという。日本でも昭和30年代に子供達の間で流行した同形状の玩具・「ホッピング」の名称は、この発明者・宝浜具に由来することは言うまでもない。

tsukasa2.JPG ホ、ホントなの!?

kagami2.JPG ダマされるんじゃないわよ。今時民明書房ネタなんて判る人少ないっての。

miyuki4.JPG 元々は、1820年代にアメリカで考え出されたそうですよ。日本で発売されたのは1957年が最初だそうです。



miyuki4.JPG このゲームの操作は簡単です。ロボットが右に寄ってきたら、マウスで矢印を右に、左に寄ってきたら左に動かしてバランスを取ってください。

tsukasa3.JPG あー! 後ろから来た車に撥ねられちゃった。

miyuki4.JPG 時々車が来ますので注意してくださいね。


posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | フリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

リプレイ本紹介・・・「影への助走」

 今回紹介するのは、シャドウラン・リプレイ集第3巻「影への助走」。第2部の前半であり、第1部である1,2巻の1年前を舞台としています。

 リプレイシリーズにおいてこのように時間が遡るのは、かなり珍しい手法です。キャラクターが必然的に弱体化しますので、GMとプレイヤーの両方に相応の実力がないと、つまらなくなる危険性をはらんでいるからです。その点からこのシリーズを見ると、決して悪くはないのですが、このスタイルにした必然性も感じないかな・・・と思います。

 さて、舞台は1年前。PC5人のうち、Dヘッドはまだ加わっておらず、かわりに新キャラのメイジ「ジェーン」が登場します。第2部は彼女の復讐劇がメインのストーリーとなります。

 行方不明となった姉の捜索と、姉を誘拐した「パペットマスター」と呼ばれる人物への復讐を誓ったジェーン。六堂たち4人は、彼女の依頼を受けてチームを結成。いくつかの事件を解決した後、ついに「パペットマスター」がその姿を現す。しかしその正体は・・・。

 プレイヤーが慣れてきたのか、それぞれのキャラがはっきりしてきています。新キャラのジェーンも、下手をすれば浮いてしまうところを見事に演じています。


posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

Zombie Slayer

Zombie Slayer

kagami4.JPG 今日はミニゲーム「Zombie Slayer」の紹介よ。



konata1.JPG いわゆるゾンビ退治ゲームだね。

kagami4.JPG 操作方法がちょっと変わっていて、Aキーで左移動、Dキーで右移動、Wキーでジャンプ。攻撃はマウスで方向を決めてクリックで攻撃よ。ただ、タイミングよく攻撃しないと全然当たらないから気をつけてね。

konata2.JPG ふーん。っと、うわっ、何これ、すっごいやりにくい。

kagami3.JPG まず操作に慣れないとダメかもね。


posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

歴史ネタ・・・「ヌマ・ポンピリウス 〜ローマ秩序の構築者〜」

ヌマ・ポンピリウス (BC750?〜673)
王政ローマ第2代王 (在位BC715〜673)


nanako4.JPG 今日はロムルスが行方不明になった後から始めるで。

続きを読む
posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

謎の村雨城

謎の村雨城
FC 任天堂 1986
murasamejo-title.GIF

konata1.JPG 今日はディスクシステムの「謎の村雨城」だよ。

kagami4.JPG 「ゼルダの伝説」の次にでたゲームよね。あんまり人気なかったって聞いたけど?

konata1.JPG その辺はやってみればわかるよ。

〜スタート〜
murasamejo-start.GIF

kagami4.JPG ふーん。Aボタンで遠くの敵は小太刀、近くの敵は剣で切るわけね。Bは術か。で、道が分かれてるんだけど、どっちに行けばいいの?

konata2.JPG んー? わかんない。やったことないし。

kagami2.JPG おい! まあいいわ。なんとかなるでしょ。





kagami2.JPG ふう、やっと着いた。

〜青雨城〜

kagami4.JPG 城の中も広いわねー。迷いそうだわ。

〜青雨城主〜
murasamejo-aosame.GIF

konata1.JPG 投げる爆弾の切れ目を狙って飛び道具を当てれば倒せるよ。





〜赤雨城下〜

kagami4.JPG また同じようなマップが延々と続くわけ? こりゃきついわ。





〜赤雨城主〜

murasamejo-akasame.GIF

kagami4.JPG 出てくる白忍者を片っ端から切り倒しながら、隙を見つけて飛び道具を当てるしかないわね。

〜緑雨城主〜

murasamejo-ryokusame.GIF

kagami3.JPG 4人もいるわよ?

konata1.JPG どれかを狙って攻撃してれば、そのうち本物に当たるよ。

kagami4.JPG あ、当たった。意外と弱かったわね。

〜桃雨城主〜

murasamejo-momosame.GIF

kagami2.JPG さすがにこれは強いわね。

konata2.JPG 八方向に分裂する弾はきついね。





〜村雨城〜

kagami4.JPG いよいよラスボスね。

konata2.JPG あー、実はムラサメはラスボスじゃないんだ。

kagami3.JPG マジ?

〜ムラサメ〜

murasamejo-murasame.GIF

kagami2.JPG うわ! なにこの弾。跳ね返ってくる。猫の頭みたいなのは3方向にはじけてくるし、きっつー。

konata1.JPG 光る弾は正面で待ち構えているといいよ。

kagami4.JPG あ、本当だ。正面を行ったり来たりするだけになった。これで少しは楽になったわ。

〜謎の生命体〜

murasamejo-lastboss.GIF

kagami2.JPG これがラスボス? 名前が「謎の生命体」って・・・。

konata1.JPG 攻撃パターンは青雨城主とそっくりだよ。ただ、動ける範囲が狭い分難しくなってるけど。





クリアシーン
murasamejo-clear.GIF

kagami4.JPG やーっと終わったわ。何回コンティニューしたかしらね。ステージに起伏がない上にやたら広いのが欠点ね。


posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

リプレイ本紹介・・・「悪夢の刻印」

 今回はシャドウラン・リプレイ「悪夢の刻印」の紹介です。
 「失墜の魔術師」の続編で、六堂たち5人のPCが引き続き活躍します。
 
 「ダンス・ウィズ・ザ・レイブン」「嘆きの歌姫」「悪夢の刻印」「最後の遊戯」の4編が収録されています。
 「ダンス・ウィズ・ザ・レイブン」は、ショートエピソードといった感じで、マオがメインの話になります。師匠の店で店番をしているマオの元に、弟弟子の少年がある依頼を持ち込んでくるところからはじまるわけですが、重い話がほとんどを占めるこのシリーズの中では、コメディチックで楽しめます。特に弟弟子の「闇羽」(ダークフェザー)は、じつにいいキャラをしています。

 「嘆きの歌姫」「悪夢の刻印」「最後の遊戯」は第1部のラストを飾る3部作。失踪した日本人エルフの人気歌手「静」の捜索を依頼された六堂たち。静はすぐに発見されましたが、彼女を暗殺しようとする一味がいることに気づきます。そして、その背後に見え隠れする最強の敵「鬼角」の存在・・・。
 六堂の鬼角との過去の因縁も絡み、クライマックスに向かって盛り上がります。とくにラストの六堂と鬼角との一騎打ちは見ものです。



posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

Ally the Alien

Ally the Alien

miyuki4.JPG 今日は、「Ally the Alien」というミニゲームの紹介です。



kagami4.JPG グレイとはまたベタな宇宙人ね。

miyuki4.JPG いわゆる「グレイ」と呼ばれる宇宙人は、「2001年宇宙の旅」もしくは「アウターリミッツ」が出典とされています。ロズウェル事件で多くの人々にこのイメージが広まりましたね。

kagami3.JPG いや、グレイの説明はいいから、ゲームの説明をしてよ。

miyuki4.JPG あ、すみません。このゲームは、宇宙人をジャンプさせて、足場をどんどん飛び移りながら進んでいくというゲームです。グラフがでますので、それを参考にしながらジャンプする方向と力を決めてください。10回失敗するとゲームオーバーです。隕石が落ちてきたり、長く乗ってると崩れる足場などもあるので注意してくださいね。

kagami4.JPG やり方は単純だけど面白いわね。BGMも雰囲気出てるし。







posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

リプレイ本紹介・・・「失墜の魔術師」

 今回取り上げるのは、「シャドウラン」というゲームのリプレイの第1巻「失墜の魔術師」です。
 「シャドウラン」というのは、いわゆるサイバーパンクの世界に、ファンタジーの要素を盛り込んだ一風変わったTRPGです。近未来の世界にエルフやドワーフが普通にいて、コンピューターが発達している一方、魔法も存在しているという、なかなかに面白い舞台です。ちなみに、この世界のエルフやドワーフといった亜人類は、人間が何らかの影響で遺伝子変化を起こして生まれたということになっています。だから、「アメリカ人のドワーフ」とか、「日本人のエルフ」といったキャラクターが存在します。(舞台設定は近未来の地球なので、日本とかアメリカといった国は存在してます。)
 さて、このリプレイは、全4巻のうちの第1巻です。PCは5人。

 六堂…ストリートサムライ、人間、20代半ば(戦いのために身体を改造した者のことをサムライと呼ぶ。ストリートサムライとは、その内で組織に属していないフリーのサムライのこと) 戦い好き。
 紫雲…フォーマーカンパニーマン、人間、30代前半(カンパニーマンとは、所属する企業に利益のために、様々な工作を行う、いわゆる企業スパイのようなもの) 冷静な性格で実質的なリーダー。
 マオ…シャーマン、人間(女性)、20代半ば(魔法を使う職業のうち、メイジは錬金術のような「技術や理論」を駆使するのに対し、シャーマンは「自然の力」を借りて魔法を使う) 好奇心旺盛。
 Dヘッド…デッカー、エルフ(デッカーは、自分の体とコンピューターを直接接続させ、電子世界で自在に活動できる)
 殺(シャア)…フィジカルアデプト、人間(女性)、15歳(フィジカルアデプトとは、魔力をそのまま肉体の戦闘力に変換し、超人的な格闘能力を有する者のこと) 

 「白い悪魔の夜」「失墜の魔術師」「虚像の標的」の3篇が収録されています。
 「白い悪魔の夜」は、導入的な話で、特別ひねったストーリーではなく、PC全員に活躍の場があります。
 「失墜の魔術師」では、美少女格闘家「殺」の過去が語られますが、殺本人はあまり活躍できていません。
 「虚像の標的」は、本格的な潜入ストーリーで、Dヘッドが大活躍します。

 一つ一つの話が短いので、ちょっと物足りない部分はありますが、十分面白いです。



posted by THOMAS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。